買取方式について

クレジットカードのショッピング枠の現金化における、キャッシュバック方式の場合は、説明上の合法であるという根拠らしきものがありましたが、買い取り方式なる商品の転売方式のケースではどうでしょうか。

結論から言うと、この買い取り方式の場合は、カード会社の所有権を明らかに侵害しているので、まったくの違法行為と言えます。

まだ支払いが終わっていない、カード会社の所有物としての商品を了解もなく売り払っているのですから、違法であることは明確です。

もともと、前から存在していたのは、この買い取り方式の方ですが、昨今インターネットなどで宣伝広告をアップしているクレジットカードのショッピング枠の現金化業者はキャッシュバック方式の業者がほとんどです。

けれども買い取り方式が実際には無くなっているわけではありません。

では、なぜ無くならないのかというと、理由の一つとして、クレジットカード会社は利用者の買った品物などを、そのつど確認のために訪問などしないということがあります。

支払いの日にきちんと支払ってさえいれば、カード会社が商品の所有権を申し立てるケースにはならないので買い取り方式の違法行為はほとんど表沙汰にならないのです。

買い取り方式の現金化業者は、利用する際に購入する品物や店舗を指示することがあります。指示しないで品物を買い取っていれば、普通の質屋かリサイクルショップになってしまいますし、実状はほとんど全てのケースで指示されるようです。そこで、買い取り業者は、利用者の立場を思いやるふりをして、この指示に関して口止めすることすすめたりするそうで、このことからも、買い取り業者自らが違法であることを認識していることを物語っています。