違法性

クレジットカードのショッピング枠の現金化問題にはいつも違法性が問われています。

実際にはショッピング枠の現金化にたいして、法律的で規制する事ができないために、今日では多数の貸金業者がいたるところに広告を出し、営業を続けていますが、それでも黒に近いグレーゾーンでの営業であることには変わりありません。

クレジットカードのショッピング枠の現金化業者の謳い文句に、利息でのメリットが謳われていることがあり、クレジットカードのキャッシングの枠よりもショッピングの枠を使っての借り入れの方が利息が安いので、キャッシング枠を使うよりもショッピング枠で現金化した方が得をするというものですが、それは真実なのでしょうか。

このことに関しては、もうお分かりだと思いますが、これは、はっきりと嘘であるといえます。

クレジットカードのショッピング枠の現金化に、ローンなどでお金を借りる場合と比較しても金銭的なメリットがあるとは言えません。

還元率という形で業者側に手数料がたっぷりと取られているのでは、金銭的メリットがあるはずもなく、偽りの広告などで利用者を誘っているといえるのです。

そして、何より大事なことはカード会社側はクレジットカードのショッピング枠の現金化を認めていないと言うことです。

現金化業者は景品表示法や、古物商免許などを盾にして、合法であるとして利用者に安心してくださいなどと宣伝していますが、これらのことが合法に行われているということと、クレジットカードのショッピング枠の現金化が合法であるということとは違う論理なのです。